一口食べたらやみつきに!!Lindt(リンツ)のチョコレート


世界には、たくさんのチョコレートブランドがあります。

その中でも最近私がハマっているのが、「Lindt(リンツ)」というブランドです。

とてもおいしいチョコレートなので、皆様にご紹介したいと思います。

Lindt(リンツ)ってどんなブランド?

Lindt(リンツ)とは?

リンツは、スイスで誕生したプレミアムチョコレートのブランドです。

1845年に、ロドルフ・リンツによって設立されました。

創業170年を超える老舗のブランドとなっています。

口溶けなめらかなチョコレートの誕生

時は、1879年。

ロドルフ・リンツは、予てより口溶けなめらかなチョコレートを作りたいと試行錯誤していました。

しかし、思うように開発は進まず・・・。

そんなある日、ロドルフは、機械を止めずに帰宅してしまいました。

週が明けた月曜日に工場に行ってみると、ビックリ!!

チョコレートは焦げているどころか、美味しそうな香りの輝きを放ったチョコレートができているではありませんか!

1口食べてみると、それはまさしく追い求めていた口溶けなめらかなチョコレートだったのです。

これが、ロドルフが目指していたチョコレートが誕生した瞬間です。

 

Lindt(リンツ)チョコレートのなめらかさの秘密

口溶けなめらかなチョコレートを開発していたロドルフは、ある重要なことを発見します。

チョコレート作りには、コンチングと呼ばれる長時間にわたりチョコレートを練り上げる作業がとても重要だったことを。

材料もさることながら、コンチングがリンツのなめらかなチョコレートを生み出しているのです。

 

Lindt(リンツ)の代名詞「リンドール」

リンツの中で代名詞とも言えるシリーズが、「LINDOR(リンドール)」というトリュフチョコレートです。

リンドールという名前は、「リンツ」とフランス語で”金”という意味の「オール」を組み合わせて名付けられました。

その名の通り、黄金の甘さで世界の人々を魅了しています。

 

実際に食べてみました!!

今回私が食べたのは、「Lindt LINDOR IRRESISTIBLY SMOOTH EXTRA DARK」です。

Lindt LINDOR IRRESISTIBLY SMOOTH EXTRA DARKってどんなチョコレート?

ダークチョコレートであることは分かるのですが、「IRRESISTIBLY SMOOTH」の意味がよく分からなかったので、調べてみました。

IRRESISTIBLY ⇒ 魅力的な

SMOOTH ⇒ なめらかな、口当たりが良い

「魅力的なほどなめらかで、口当たりが良いチョコレート」という意味であることが分かりました。

 

では、具体的にどのようなチョコレートなのでしょうか。

リンツオンラインショップの商品ページで確認してみました。

ダークチョコレートのシェルになめらかな口どけのフィリング。まさに魅惑の口溶けです。

引用:リンドール・エキストラダーク10個入り商品ページより

商品説明によると、口溶けなめらかなチョコレートをダークチョコレートでコーティングしたトリュフチョコだということです。

原産国、原材料については、以下の通りです。

原産国 イタリア
原材料 カカオマス、砂糖、植物油脂、ココアバター、バターオイル、全粉乳、脱脂粉乳、乳糖、バニラビーンズ、麦芽エキス、植物レシチン(大豆由来)、香料

食べてみた感想

実際に食べてみた感想を書いていきたいと思います。

 

まず、チョコレートがどのようになっているのか、紹介します。

チョコレートは、1つ1つ銀紙に包まれています。

包みを開けてみた写真がコチラ

測ってみると、直径2.5cmくらいの大きさでした。

程良い大きさで、1口でも食べられるサイズであると感じました。

 

中身はどうなっているのか気になり、割ってみました。

チョコレートがチョコレートで包まれているのが分かります。

ナイフでスッと切れるくらい、柔らかい感触でした。

 

ここから、本題の感想です。

早速、1口食べてみました。

中のチョコレートがとてもなめらかで、舌の上ですぐに溶けてしまいました。

そして、極上の甘さが、口いっぱいに広がりました。

 

今回が初めて食べたのではないのですが、何回食べても、チョコレートのなめらかな感触に驚かされます。

そして、「黄金の甘さ」に感動します。

 

次に、外側と内側に分けて食べてみました。

外側は、ダークチョコレートなので、苦みを感じました。

ですが、すごく苦いというわけではありません。

内側のなめらかなチョコレートは、甘くてトロッととろけました。

 

 

外側と内側それぞれの甘さの違うチョコレートが1つに合わさることで、言葉では言い表せないくらいおいしいチョコレートになっているのだと感じました。

まとめ

どうでしたでしょうか?

Lindt(リンツ)のチョコレートについて上手に伝えることができているのか心配ですが、とにかくお伝えしたいのは、とてもおいしいチョコレートであるということです。

1回食べると、やみつきになること間違いなしです!!

 

プレゼント自分へのご褒美にも良いのではないかと思います。

ぜひ皆様も、1度食べてみてはいかがでしょうか。

 


人気ブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です